大村線の海岸沿いを行くクルーズトレイン「ななつ星in九州(千綿~彼杵)

 今日も昨日に引き続き九州遠征の画像を紹介します。
 JR九州のクルーズトレイン「なつ星in九州」が誕生してから4年目に入ります。
 今回の遠征で、「なつ星in九州」を初めて撮影することができました。
 撮影場所は大村湾の海沿いを走る大村線を選びましたが、適当な撮影地がなかなか見つからず困りました。
 千綿駅の北側の海岸沿いは比較的撮影場所のキャパシティーが広く、海を入れることのできる撮影地でした。
 「なつ星in九州」を牽引するDF200は、川崎重工から出場した際の甲種輸送の撮影以来です。
 その時のDF200は黒のラッピングで覆われ、本来のカラーは不明でした。
 「なつ星in九州」が走りだし、DF200と客車の車体カラーは重厚な紫かかった黒色と言う表現が良いのか、本当に微妙な黒色カラーです。
 豪華クルーズトレイン「なつ星in九州」はDF200に牽引され、夕方の海岸風景を楽しむかのようにゆっくりとした速度で目の前を通過して行きました。

DF200ー7000・ななつ星(9035・千綿~彼杵)2152

 撮影日 平成29年5月20日
 大村線(千綿~彼杵) DF200-7000(9035レ)
 撮影機材 ニコンD610 二コール80~400 F4.5~5.6

↓↓↓ 「鉄道ブログ・鉄道風景写真」バナーのクリックをお願いいたします。
にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村                                             
にほんブログ村 写真ブログ 鉄道風景写真へ
にほんブログ村

         当ブログ内の画像や文書等の著作権は管理人にあります。
         個人的なご利用以外の無断での使用や転載は禁止します。



筑豊本線の冷水峠を行くDE10プッシュプル牽引の「マヤ検」(筑前山家~筑前内野)

 今年のGW期間中の九州遠征で何か物足りない気がしたのは、「ななつ星」の撮影ができなかったことでした。
 その宿題を果たすため、先週の金曜日の夜からJR九州の「ななつ星」他の撮影に遠征しました。
 また、今回の遠征ではDE10PPが牽引する「マヤ検」の撮影がありました。
 今回九州遠征の裏メインとして、DE10のPPによる「マヤ検}を筑豊本線の筑前山家から筑前内野間の冷水峠で撮影することでした。
 この日は、午前中に大分県の臼杵でEF81牽引の4075レ撮影後、筑豊本線の筑前山家まで約3時間の行程で移動しました。
 現地には、通過約1時間前に到着しましたが、既に撮影者が10人程度いました。
 「マヤ検」の通過直前までには約30人程度の撮影者が集まり、人気の高さが伺えました。
 マヤ34-2009をE10-1206号機とDE10-1195号機がサンドイッチした編成で運転されました。
 筑豊本線の冷水峠は25‰の連続勾配が続く難所です。
 DE10E10-1206号機とDE10-1195号機は、ディーゼルエンジンの音を響かせ、排煙を上げながらゆっくりとした速度で勾配を上って来ました、
 Yさんは、マヤ34-2009をE10-1206号機とDE10-1195号機がサンドイッチのした編成を望遠レンズを飛ばしてサイド位置から狙いました。(Yさん撮影)

DE10-1206+マヤ34+DE10-1195(試9866・筑前山家~筑前内野)

 撮影日 平成29年5月21日
 筑豊本線(筑前山家~筑前内野) DE10-1206+マヤ34-2009+DE10-1195(試9644レ)
 撮影機材 キャノンEOS5DS 100~400 F4.5~5.6

 DE10のPPによる「マヤ検」は、排煙を上げながら25‰の連続勾配をゆっくりと上って来ました。

DE10-1206+マヤ34-2009+DE10-1195(試9644レ・筑前山家~筑前内野)

 撮影日 平成29年5月21日
 筑豊本線(筑前山家~筑前内野) DE10-1206+マヤ34-2009+DE10-1195(試9644レ)
 撮影機材 ニコンD610 二コール70~200 F2.8

↓↓↓ 「鉄道ブログ・鉄道風景写真」バナーのクリックをお願いいたします。
にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村                                             
にほんブログ村 写真ブログ 鉄道風景写真へ
にほんブログ村

         当ブログ内の画像や文書等の著作権は管理人にあります。
         個人的なご利用以外の無断での使用や転載は禁止します。





山陽本線を行くEF65-1128号機牽引の「サロンカー土佐路」回送(和気~熊山)

 「サロンカー土佐路」は岡山からの出発のため、機関車の機回しが必要なため岡山電車区から和気まで回送されました。
 和気で時間調整をした「サロンカー土佐路」は、和気から出発駅である岡山までの回送がありました。
 和気から四国の多度津まではEF65-1128号機が「サロンカー土佐路」を牽引します。
 回送区間も含めて「サロンカー土佐路」のヘッドマークが取り付けられていましたので、EF65-1128号機牽引の回送「サロンカー土佐路」を撮影しました。
 この日は、早朝から強い雨が降っていましたが、通過1時間前には小降りから曇りに変り、通過時には明るい曇りになっていました。
 吉井川の堤防には黄色の花が群生していましたので、これをアクセントにして「サロンカー土佐路」を撮影しました。
 勿論、撮影の狙いはEF65-1128号機に取り付けられた「サロンカー土佐路」のヘッドマークでした。

EF65-1128(回9305・熊山~和気)1755

 撮影日 平成29年5月13日
 山陽本線(和気~熊山) EF65-1128 (回9305レ)
 撮影機材 ニコンD610 二コール70~200 F2.8

↓↓↓ 「鉄道ブログ・鉄道風景写真」バナーのクリックをお願いいたします。
にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村                                             
にほんブログ村 写真ブログ 鉄道風景写真へ
にほんブログ村

         当ブログ内の画像や文書等の著作権は管理人にあります。
         個人的なご利用以外の無断での使用や転載は禁止します。







木次線の山里の水田風景を行く「奥出雲おろち」号他(出雲三成~出雲八代)

 八川~出雲横田で撮影後、「奥出雲おろち」号は出雲三成で20分間の停車があります。
 この間の停車を利用して出雲三成~出雲八代の水田のあるポイントで、「奥出雲おろち」号を待ちました。 
 GW期間中の木次線沿線は、各農家が田んぼに水を入れて田植えを初めていました。
 木次線の線路沿いの水田は水鏡となり、青空に浮かぶ雲や新緑が映し出されていました。
 時々陽が雲に隠れて水田を暗くしましたが、「奥出雲おろち」号の通過時は晴れた空に浮かぶ白い雲が流れて行きました。
 Yさんは水田を大きく取り入れて、水鏡となった風景を大きく入れました。(Yさん撮影)

DE15-2558(8422・出雲三成~出雲八代)025A0845

 撮影日 平成29年5月4日
 木次線(出雲三成~出雲八代) DE15-2558 (8422レ)
 撮影機材 キャノンEOS5DS 24~105 F4

 DE15-2558号機の「奥出雲おろち」号カラーは、新緑と水田風景の中で輝いていました。

DE15-2558(8422・出雲三成~出雲八代)1558

 撮影日 平成29年5月4日
 木次線(出雲三成~出雲八代) DE15-2558 (8422レ)
 撮影機材 ニコンD610 二コール35~70 F2.8

 一日の運行本数の少ないキハ120の普通列車が山里の水田風景を通過しました。(Yさん撮影)



 撮影日 平成29年5月4日
 木次線(出雲三成~出雲八代) キハ120 (1451D)
 撮影機材 キャノンEOS5DS 24~105 F4

↓↓↓ 「鉄道ブログ・鉄道風景写真」バナーのクリックをお願いいたします。
にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村                                             
にほんブログ村 写真ブログ 鉄道風景写真へ
にほんブログ村

         当ブログ内の画像や文書等の著作権は管理人にあります。
         個人的なご利用以外の無断での使用や転載は禁止します。







木次線の五月晴れを行く「奥出雲おろち」号(八川~出雲横田)

 DE15-2558号機が先頭に立つ「奥出雲おろち」号は、定期的に客車を牽引する列車が動態保存のSL列車やJR九州の「ななつ星」以外無くなった中では、貴重な被写体であると思います。
 上りの「奥出雲おろち」号は出雲坂根で18分の停車があり、走行速度も遅いことから出雲坂根~八川間で撮影し、八川駅の1分停車の間に八川駅の先に先回りをして、駅を出発したところを撮影しました。
 踏切の警報音が鳴りだし、DE15-2258号機はディゼルエンジンの音を響かせながらゆっくりと接近して来ました。
 この場所での撮影は列車の背景に「鯉のぼり」とからめて撮影することでしたが、列車の編成長や高さが計算以上のため「鯉のぼり」は列車に隠れてしまいました。
 
DE15-2558(8422・八川~出雲横田)1537

 撮影日 平成29年5月4日
 木次線(八川~出雲横田) DE15-2558 (8422レ)
 撮影機材 ニコンD610 二コール70~200 F2.8

 Yさんは右端にある「鯉のぼり」を入れたアングルとしました。
 列車の後方にある「鯉のぼり」は列車に隠れてしまいましたが、前景の水田を大きく取り入れることで5月の季節感を出しました。(Yさん撮影)

DE15-2558(8422・八川~出雲横田)025A0811

 撮影日 平成29年5月4日
 木次線(八川~出雲横田) DE15-2558 (8422レ)
 撮影機材 キャノンEOS5DS 70~200 F2,8

↓↓↓ 「鉄道ブログ・鉄道風景写真」バナーのクリックをお願いいたします。
にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村                                             
にほんブログ村 写真ブログ 鉄道風景写真へ
にほんブログ村

         当ブログ内の画像や文書等の著作権は管理人にあります。
         個人的なご利用以外の無断での使用や転載は禁止します。






木次線の難所出雲坂根のスイッチバックを行く「奥出雲おろち」号(出雲坂根~三井野原)

 今日は出雲坂根~三井野原間の旧国道314号線からのスイッチバックの画像を紹介します。
 昨日は撮影ポイントとしては不適であると紹介しましたが、これ程木々が伸びているとは思いませんでした。
 下りの「奥出雲おろち」号を出雲八代~出雲三成で撮影後、出雲坂根のスイッチバックを見渡すことのできる旧国道314号に向かいました。
 旧国道3144号は路面には落石や倒木がありますので、自動車は方向転換できる場所に止めて、旧国道314号線を歩きました。
 国道314号線の三井野原側から道路の中間ぐらいまで歩きました。
 キハ52が走っていた時代には出雲坂根の駅が見渡せ、スイッチバックも全体が見渡せたることができました。
 しかし、現在では歩けど線路の見が見える場所は無く、道路沿いの木々が伸びて木々の間からやっと線路が見える状態でした。
 脚立を使って木々を避けて撮影しましたが、列車の編成全体は入りませんでした。
 DE15-2558号機が急坂をゆっくりと上って行くのが、眼下に見えました。

DE15ー2558(8421・出雲坂根~三飯野原)1441

 撮影日 平成29年5月4日
 木次線(出雲坂根~三井野原) DE15-2558 (8421レ)
 撮影機材 ニコンD610 二コール70~200 F2.8

 Yさんは、三井野原に向かって推進運転で急坂をのぼって行く「奥出雲おろち」号をとらえました。(Yさん撮影)

DE15-2558(8421・出雲坂根~三井野原)025A0725

 撮影日 平成29年5月4日
 木次線(出雲坂根~三井野原) DE15-2558 (8421レ)
 撮影機材 キャノンEOS5DS 70~200 F2,8

↓↓↓ 「鉄道ブログ・鉄道風景写真」バナーのクリックをお願いいたします。
にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村                                             
にほんブログ村 写真ブログ 鉄道風景写真へ
にほんブログ村

         当ブログ内の画像や文書等の著作権は管理人にあります。
         個人的なご利用以外の無断での使用や転載は禁止します。





木次線の主役「奥出雲おろち」号が行く(三井野原~油木)

 今日はGW中に訪問した木次線の「奥出雲おろち」号の画像を紹介します。
 三江線撮影後、国道54号線を経由して木次線の「奥出雲おろち」号撮影に向かいました。
 「奥出雲おろち」号は、DE15-2558号機牽引で木次線の木次と備後落合間を運行するトロッコ列車です。
 木次線の訪問も久しぶりで、5月の新緑の季節の訪問は初めてでした。
 木次線の出雲横田~備後落合間は、1日3往復のキハ120が運行される超ローカル線です。
 木次線で有名な撮影地は、出雲坂根の3段スイチバックを旧国道314号からの撮影でしたが、現在では国道314号線の道の駅近くの「奥出雲おろちループ」からの撮影が有名になっています。
 また、旧国道314号からの撮影は道路周辺の木々が伸び、三段スイッチバックの線路周辺の木々も伸びてしまい、撮影地としては適さなくなっています。
 今日紹介しますのは三井野原~油木間の国道314号の歩道から撮影できる山間区間です。
 今回の訪問では新緑には少し早く、線路に向かって左の木々はやっと芽が吹きだしてきた感じでした。
 「奥出雲おろち」号は備後落合で進行方向の向きをトロッコ車両から機関車のDE15ー2558が先頭になります。
 この区間では、機関車のDE15-2558号機が三井野原に向かって上って来る様子を新緑や紅葉とからめて撮影することができます。
 DE15ー2558号機はディーゼルエンジン音を響かせ、ゆっくりとした速度で新緑の始まった山間区間を通過して行きました。
 
DE15-2558(8422・油木~三井野原)1503

 撮影日 平成29年5月4日
 木次線(油木~三井野原) DE15-2558 (8422レ)
 撮影機材 ニコンD610 二コール70~200 F2.8

 Yさんは、新緑の黄緑を強調するため機関車を左隅にして、右側の黄緑となった新緑を大きく入れました。(Yさん撮影)

DE15-2558(8422・油木~三井野原)025A0775

 撮影日 平成29年5月4日
 木次線(油木~三井野原) DE15-2558 (8422レ)
 撮影機材 キャノンEOS5DS 70~200 F2,8

↓↓↓ 「鉄道ブログ・鉄道風景写真」バナーのクリックをお願いいたします。
にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村                                             
にほんブログ村 写真ブログ 鉄道風景写真へ
にほんブログ村

         当ブログ内の画像や文書等の著作権は管理人にあります。
         個人的なご利用以外の無断での使用や転載は禁止します。





プロフィール

fc2user16169s

Author:fc2user16169s
このブログは、
 鉄道写真を趣味にして20年以上になり、これまで撮影した鉄道写真の定番撮影地の訪問を記録します。
 私は大阪で開催された万博を見た世代ですが、当時のSLはあまり知りません。
  写真機材としては、銀塩カメラ時代にはキャノン、マミヤ、ペンタックス67と変遷し、最後はニコンを使用していました。
 デジカメに変更にしてからはニコンを使用しています。現在はニコンD610が愛用カメラです。
 全国の鉄道定番撮影地をめぐるには時間と経費もかかりますので、友人のYさん(キャノンを使用)の協力も得て、単独あるいは一緒に行った定番撮影地の写真を記録したいと思います。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR